Microsoft Clarity Live とは?

Clarity が登場してから既に1年以上が経過しましたが、Google Chromeの拡張機能である「Microsoft Clarity Live」をブラウザにインストールし、日常的に活用されている方はまだまだ少ないのではないでしょうか。

本記事では Google Chromeの拡張機能である「Microsoft Clarity Live」の導入方法や使用方法、注意点について説明していきます。

本記事の中でも触れていますが既に Clarity を管理している場合、Microsoft Clarity Live を導入することでかなり日々の分析作業に生じる負担を軽減することができるので、ぜひこの機会に触れてみてください。

参照:Microsoftのサイト訪問者分析ツール「Clarity」とは?設定方法や使用方法、注意事項について

Microsoft Clarity Liveとは何か?

Microsoft Clarity Live は Microsoft が提供している Clarity のデータを確認するための、Google Chrome などのブラウザに対応した拡張機能です。

参照:Clarity Live Extension | Microsoft Docs

Chrome ウェブストア からのみダウンロードすることができ、Google Chrome や Microsoft Edge 上で使用することが出来ます。

Microsoft Clarity Liveに出来ること

Microsoft Clarity Live を導入することで、Clarity へのログイン権限を有している任意のサイト(ページ)データのヒートマップデータをより手軽に確認できるようになります。

この拡張機能を導入しておくことで、気になったサイト(ページ)の情報を Clarity の管理画面を開きに行かずとも確認できるようになります。

そのため Clarity を導入しているサイトを管理されている場合、導入しておいて損をすることはまずないでしょう

参照:chrome ウェブストア Microsoft Clarity Live

導入方法

(1)Chrome ウェブストアにて「Microsoft Clarity Live」を開き「ダウンロード」をクリック

参照:chrome ウェブストア Microsoft Clarity Live

(2)「拡張機能を追加」をクリック

(3)Clarity にログイン

(4)Clarity権限を持つ任意のサイトを開き起動を確認

使用方法

使用方法は下記の通りです。

(1)任意のサイト(ページ)を開く

(2)拡張機能をクリックする(有効にする)

Clarity にログインした状態で任意のサイトを開き拡張機能が反応しない場合、拡張機能をクリックしてください。

またそれでも機能しない場合は「サイトデータの読み取りと変更を行います」をクリックし「すべてのサイト」をクリックします。

(3)確認したいデータを選択する

確認したいヒートマップを選びます。

左から順に「クリック(ヒートマップ)」「エリア(ヒートマップ)」「セッションレコーディング」となっています。ここでは仮に「クリック(ヒートマップ)」をクリックしています。

参照:Microsoftのサイト訪問者分析ツール「Clarity」とは?設定方法や使用方法、注意事項について

ページ下部に左から「ページビュー数」「クリック数」「期間」が表示されます。

最後に

Microsoft Clarity Live を用いたデータ分析作業は、過去数日分のデータを確認したい時などは便利ですが、例えば長期データの分析したい場合などだと現状こちらの拡張機能は過去30日以上前のデータを確認することは出来ないため、分析などには不向きです。

このような欠点はあるものの、Microsoft Clarity Live は Clarity をより使いやすくする拡張機能であることには変わりないため、導入し適切なシーンで使用するようにしておくだけで、日々の分析作業に生じる負担を軽減してくれるでしょう。

文責:川手遼一

川手
川手

公式がこういうツールを用意してくれるのはありがたい…