GTM経由でサイトにClarityを設定する方法

Clarity をサイトに導入する際、Google Tag Manager(以下、GTM)を用いることで作業を簡略化することが出来ます。この記事では、GTM を用いて Clarity をサイトに導入する方法についてご案内します。

大まかな手順としては下記のとおりです。

  • 公式サイトにアクセス
  • 登録を済ませ情報を入力
  • タグをWebサイトに設置

順に説明していきます。

設定フローについて

設定段階は大きく分けて2つあります。

(1)Clarityのアカウント作成とタグ発行

まずはClarityのアカウントを作成します。

Clarity の公式サイトにアクセスし「Get started」をクリックします。

今回はGoogleアカウントを用いて登録を行うため「Sing in to Google」をクリックします。

ログインし終えると「New project」と表示されます。Nameには「サイト名」を、Websiteには「URL」を入力していきます。

「Site Category」は以下より選択が可能です。

  • E-Commerce
  • SaaS
  • Blog
  • Marketing
  • Conslting
  • Media
  • Education
  • Community
  • Non-profit
  • other

こちらはサイトの内容に厳密に合致する情報を入力する必要性はないものと思われます。

「Creat」のクリックする前に注意事項が2つあります

まず現在「New project」で最初に設定した URL 情報を後から更新できない仕様になっています。そのためName、Website、Site categoryのうち、Websiteを変更したい場合は「New project」の作り直しが必要となります。

次に「Other」を選択すると、次のような注意書きが表示されます。

Clarity should not be used on sites that contain Sensitive Data including user health care, financial services or government related information.

Clarity 管理画面より引用

要するに「ユーザーヘルスケア、金融サービス、または政府関連情報を含む機密データを含むサイトでは使用しないでください」と書かれています。そのため、これらに該当するサイトの場合は Clarity を導入してはいけません

この2点についてご確認頂いた後、「Creat」をクリックして下さい。

Creatをクリックすると管理画面に遷移します。「Settings」内「Setup」に計測用タグが表示されます。

(2)タグの設置

次にタグの設置を行っていきます。今回はGTM経由での設置になりますので、タグをGTM経由で設置するためにまずがGTMを用意します。GTMを所有していない場合は新規作成するか、権利者に確認を取りGTMの権限をもらい設定を進めて下さい。

Clarity 側で計測用タグを発行したタグをGTM内「タグ」を開き設定していきます。タグの名前(下記図赤枠)は適当で大丈夫です。

タグタイプで「カスタムHTML」を選択します。

下記図赤枠内にタグ情報を貼り付けます。

トリガーは「All Pages」を設定します。

設定後に「公開」を押します。

最終確認画面では「続行」をクリックしてください。

これで GTM 側での設定は完了です。

直後だとまだデータが取得・処理できておらず、下記図のように「It may take up to two hours.」と管理画面上は表示されます。ただ「It may take up to two hours.」と記載ある通り通常2時間程度で管理画面にも数値が反映されるようになります。

自分の場合、最短で設定後15分ほどでレコーディングされた動画が見れるようになった例もありました。

ちなみに計測できるようになると、直後は下記のような管理画面上の表示がなされるようになります。こちらが「Dashboard(インサイトダッシュボード)」になります。

「Dashboard」以外にも「Recordings(セッションレコーディング)」「Heatmaps(ヒートマップ)」などありますが、「Dashboard」がもっとも早くデータが表示されるようになります。

また初期設定時に設定した内容は「Settings」からも確認、再設定が可能です。

「Settings」内「Setup」から計測用のタグを再確認することが可能です。

「Setup」内「Google Analytics integration」からGAとの連携も可能です。GAとの詳細な連携方法については下記記事にて詳しくまとめているので、気になった方はそちらを参照して下さい。

「Team」からは特定のユーザーへのメールを用いた権限付与が可能です。

権限については別記事で詳しくまとめているので、気になった方はそちらをご参照下さい。

Clarityの管理画面にデータが反映されない場合、GTMが上手く機能していない可能性が考えられます。下記記事にてGTMが正常に機能しない際のチェックポイントをまとめていますので、該当する方はそちらもあわせてご確認下さい。