広告ランクとオークションランクの違いについて

多くの方がご存知の通り、Google 、Yahoo! ではユーザーが語句を入力し「検索」を実施した瞬間ごとに広告オークションが発生し、その度に Google では広告ランク、 Yahoo! では、オークションランクが算出され、それぞれの指標をベースに広告掲載の有無 ・掲載順位が確定します。

リスティング広告の掲載有無・順位を決める要素について(Google 広告)

Google 広告の場合、広告ランクが掲載の有無、掲載順位を確定します。広告ランクの構成要素は以下の通りです。

・入札単価

・オークション時の広告の品質(推定クリック率、広告の関連性、ランディング ページの利便性など)

・広告ランクの下限値

・オークションにおける競争力

・ユーザーが検索に至った背景(ユーザーの所在地、デバイス、検索時間、検索語句の性質、ページに表示されるその他の広告と検索結果、その他のユーザー シグナルと属性)

・および広告表示オプションなどの広告フォーマットの見込み効果

「 広告ランク – Google 広告 ヘルプ 」より引用

「など」と書かれている以上、上記した要素以外のものも、広告ランク算出に用いられている可能性は考えられます。またこの公式ヘルプを書いている中の人も、詳細を知らないような気がします。

リスティング広告の掲載有無・順位を決める要素について(Yahoo! 広告)

Yahoo! 広告の場合、オークションランクが掲載の有無、掲載順位を確定します。オークションランクは、「入札価格」に「広告の品質」を掛け合わせて算出されます。入札価格は管理画面設定した、または自動的に算出され設定された価格そのままです。これは Google と変わりありません。

「広告の品質」については、以下の通りです。

「広告の品質」は、広告やキーワードといった単一の要素ごとに定義されるものではなく、広告オークションに参加するたびに、以下の項目をはじめとした複数の要素を加味してリアルタイムに評価されます。

・推定クリック率
・表示URLの過去のクリック率
・広告文と検索クエリーの関連性
・広告が掲載される地域別の掲載実績(アカウント全体)
・インターネットユーザーの検索クエリー
・各種デバイス(PC、スマートフォン、タブレット)での広告の掲載実績など

「 広告の品質について – ヘルプ – Yahoo!広告 」より引用

「以下の項目をはじめとした複数の要素」や「など」と書かれている以上、それら以外の要素もオークションスコア算出に用いられている可能性は考えられます。また Google 同様、公式ヘルプを書いている中の人も、詳細を知らないような気がします。

最後に

広告ランク、オークションランクの構成要素のうち、何が重視されるのか(そもそも何かが重視されているのか)、どのような計算式にて算出されるのかについては公表されておらず、また広告ランク、オークションランクは管理画面上などでは共に確認できない仕様となっています。

「広告ランク」「オークションランク」については同じ役割を持つものとして同一視される傾向にありますが上記した通り、「入札価格に依存しない、広告の質そのものを考慮した広告配信を実施し、ユーザーの広告体験をより良いものとする」といった役割こそ同じものの、構成要素が公開情報を見るだけでも別物となるため、厳密には別のものと考えるが自然です。