1つの Microsoft アカウントから複数の Microsoft 広告アカウントを作成する方法

この点についてはさらりと、以前に下記別記事でも言及したのですが、Microsoftアカウントから Microsoft 広告 アカウントを作成する事が可能で、実は1つの Microsoft 広告 アカウントを作成すると、そこから複数のMicrosoft 広告 アカウントを作成する事が可能です。

参照:Microsoft 広告を運用する上で知っておくべき27の注意事項

本日は1つの Microsoft 広告 アカウントを作成後、複数のMicrosoft 広告 アカウントを作成する方法について解説していきます。

注意事項

Microsoft 広告は日本ではリリース直後のため、高頻度で管理画面上のアップデートが実行されています。本記事のキャプチャと実際の管理画面上との説明で齟齬が生じているケースが想定されますが、その点事前にご了承いただけますと幸いです。

注意事項

こちらの方法で作成できる広告アカウントの上限数は6件までとなるため、1つの事業会社で複数の広告アカウントを作成し配信する場合などにご活用ください。

参照:アカウントやキャンペーンの構成方法

複数のMicrosoft広告アカウントを作成する方法

1.「アカウント」をクリック

2.「アカウントの概要」をクリック

3.「アカウントを作成」をクリック

ちなみにアカウントをリンクさせる場合も同様の手順でここまできて「アカウントにリンク」を選択し紐付けを行います。

4.入力項目を進めていき広告アカウントを作成

最後に

前述した通り、1つの事業会社で複数の事業を手掛けている際、1つのMicrosoft 広告アカウントから広告アカウントを作成し広告配信したい際などは、こちらの形でアカウントを増やしていく形がよいかと思います(ただしアカウント数、管理者数としての紐づけに上限数があるので要注意)

参照:アカウントやキャンペーンの構成方法

また「そもそも Microsoft 広告とはどんな広告媒体なのか?」という方のために、下記のような記事も公開しています。こちらもご参考になれば幸いです。

参照:Microsoft 広告とは?広告媒体としての特性や注意点について解説

文責:川手遼一